急性腰痛(ぎっくり腰):40代男性 建築作業員

◆初診時の様子

早朝からいつも通り現場に向かい作業に取り掛かろうと準備中、腰に激痛が走りその場で倒れこむ。
そのまま現場監督に抱えられて何とか整骨院まで来院。
一人では立って歩くことができず、待合室の椅子に座ることも難しく、とりあえず治療ベッドに寝てもらった。
過去にも同様の症状を経験したそうだが、今回は腰に負荷をかけた覚えもなく、思い当たる原因が分からないとのことであった。

◆院長の所見

椎間関節の連続性が断たれ、腰椎に強烈な筋緊張を起こし、損傷部を保持するために強縮していると思われた。
そのため、横向きに寝た体勢から少しでも動くと激痛が起こり、安静にする以外に施しようのない状態であった。
日頃から肉体労働による不良動作で筋疲労を蓄積し、関節の歪みを起こしていたと推測されたので、激痛が落ち着くまで6~8時間は要すると判断した。

◆治療

まずは安静になれる態勢になることからスタート。
右を向いて横向きに「エビ姿勢」になると少し筋緊張がゆるみ、呼吸を浅くしながら動かなければ激痛は治まった。

ただし、少しでも動くと患部に強縮と激痛が発生。
アイシングを30分×2回行う。
同じ姿勢で過ごすにも2時間が限界で、寝返りを誘導しながら左向きに寝てもらう。
このとき、隣のベッドを横づけして転がるように寝返りできるように幅を確保する。
あとは何もせず、そのまま寝て過ごしてもらった。

7時間経過した頃に痛みが落ち着き、ベッドから降りられるよう誘導し、座位から立位へと変えながら、歩行可能となったところで治療を終了。

◆終わりに

現場作業復帰まで経過を見ながら治療を継続したかったが、諸事情により一回の来院で終了となりました。

急性腰痛、いわゆる「ぎっくり腰」はいきなりグキッという衝撃が起こり、激痛に襲われます。
原因は様々ですが、肉体労働や運動不足、睡眠不足などで慢性的な筋疲労を抱えたまま日常生活を送るなか、限界を超えたところで起こったのではないかと思われます。

また原因の一つとして骨格の歪みや柔軟性の消失もあるでしょう。
過度のストレスにより無意識に脳がブレーキをかけ、体を守るサインを出したとも考えられます。

何よりも体が資本です。
つらい状況を乗り越え、また安心して体を動かせるように願っております。

**********************************************************************
大阪市城東区蒲生四丁目駅から徒歩30秒の「こう整骨院」
体の不調、肩こり、腰痛等、どうしても治らない痛みの改善。
京橋駅から1駅ですので、会社帰りのサラリーマン、OLの
方に人気の整骨院です。

◆Webサイト:http://kou-seikotsuin.com/
◆電話でのお問い合わせ:0120-089-112
◆営業時間:平日10:00~13:00・16:00~20:30
 ※水曜は午前のみ、土曜の午後は14:00~18:00
◆定休日:水曜午後・日曜・祝日
◆住所:〒536-0004 大阪府大阪市城東区今福西3-1-7
 →アクセスはこちら
◆駐車場:無料駐車場が2台分ございます
**********************************************************************

▼役に立ったと思ったら、シェアしていただけますと嬉しいです

Pocket

足の痛み(足関節捻挫):30代男性 会社員

◆患者さんの訴え

週末にバレーボールの練習に参加。
翌日から足の甲に痛みが出て、月曜日になっても治らず来院される。あしを地面に着くと痛みがあり歩行困難になる。
プレー中は特に痛むこともなかった。

バレーボールは学生時代から続けているが、最近は仕事もあり、週に一度の練習程度で、今回はひと月ぶりにプレー。

明らかな原因はわからないとのこと。

思い当たることとして、アタッカーなので、ジャンプ後の着地動作で繰り返し足に負荷をかけたことで、関節を痛めたかもしれないとのこと。

営業マンとして歩き回る仕事なので痛くて困っている。 何とか歩けるようにしてほしい。

◆院長の診察で

明らかな腫れは無いが、足の甲を触れると痛みがある。 関節の動きが硬くなっていて足底アーチが使えず、歩行に支障がみられた。 繰り返しジャンプをしたこと、特に左足で踏切りと着地を繰り返したことで足関節捻挫を起こしたと思われた。

◆治療

まずは痛みで硬くなった足関節周囲を柔らかくマッサージ。 そして足につながる筋肉や骨盤の動きを治療。
次に足底アーチの動きを整え、最後にテーピングで軽くサポート。

治療後、足をついて踏み込んだ際、素足ではまだ少し痛みは残ったが、靴を履くと痛み無く歩行可能となった。

一週間後に二回目の診察。

日常生活にはほぼ支障ない程度に回復していた。
関節の動きも改善して炎症も無くなっていたので、軽い運動から始めてもらうように指示して治療を終了。

◆終わりに

今回は負傷後3日間経過しても治らず、自然治癒が難しいケースでしたが、筋力低下や関節の拘縮はみられず、比較的早く回復されました。
スポーツでのケガではプレー中には気が付かず、しばらく経ってから痛みが出ることもあり、皆さん対処法が判らず慌てて来院されます。
軽く痛めただけでも、損傷が周りに広がり、徐々に症状が出ることもあります。
日ごろの疲れや運動不足、準備運動が足りずにいきなりプレーに参加するなども原因のひとつと考えられます。
捻挫や肉離れ、打撲など、痛め方次第では思いのほか長引くことがあります。

スポーツ以外の日常生活でも、体のバランスや姿勢が悪くなり、特に骨盤や背骨のゆがみが起こります。
痛みの原因がよくわからない、
単なる肩こりや腰痛とは違う感じがする、
足や膝が急に痛くなってあるけない、など
気づかない間に様々な症状が発生します。

当院では、問診を丁寧に行ないながら、症状を観察して、どのように痛めたのか考えます。痛みや不調があればいつでもご相談ください。

**********************************************************************
大阪市城東区蒲生四丁目駅から徒歩30秒の「こう整骨院」
体の不調、肩こり、腰痛等、どうしても治らない痛みの改善。
京橋駅から1駅ですので、会社帰りのサラリーマン、OLの
方に人気の整骨院です。

◆Webサイト:http://kou-seikotsuin.com/
◆電話でのお問い合わせ:0120-089-112
◆営業時間:平日10:00~13:00・16:00~20:30
 ※水曜は午前のみ、土曜の午後は14:00~18:00
◆定休日:水曜午後・日曜・祝日
◆住所:〒536-0004 大阪府大阪市城東区今福西3-1-7
 →アクセスはこちら
◆駐車場:無料駐車場が2台分ございます
**********************************************************************

▼役に立ったと思ったら、シェアしていただけますと嬉しいです

Pocket