胸郭の外傷(肋骨骨折):10代女性 学生(朝鮮舞踊クラブ)

大阪で開催される舞踊全国大会に参加するため、関東から来られた高校三年生の症例。

◆主訴

約4週間前、踊りの最中に人同士で接触した際転倒。右の胸部を強打した際に負傷。
整形外科を受診して、右肋骨骨折と診断される。
しばらく安静に過ごし、順調に回復していたが、負傷後2週間して再び踊り始めたところ、激しい痛みが起こる。
再度病院での診察で、初診時にレントゲンに写らなかった骨折も見つかり、それが痛みの原因と言われる。

大会まで残り2週間しか無く休めないので、何とか痛みに耐えながら練習に参加していたが、無理をし過ぎた事で大会直前に痛みが増悪し、本番1日前に来院された。

◆症状

右第7.8肋骨前外側部に圧痛があり、右上肢を挙上する際に痛みあり。
体幹を前後屈する際にも痛み、運動時の呼吸で痛みが憎悪。

◆治療

肋骨の動きをサポートするため患部にテーピングを施した。
伸縮性のあるテープを使用。
肋骨全体を包み込むようように、体の前から後ろに向けてテーピングでサポート。
患部を適度に圧迫しつつ、呼吸しやすい程度にテープの伸縮性を調整。

テーピングの効果により、上肢挙上時の痛みは軽減し、肋骨が適度にサポートされたことで安心感を得られた。

◆翌日からの経過

関東から来られた為、直接来院することが出来なかったので、その後の経過については伝言で聞くことになった。

「テーピングをした翌日、舞台上では何とか踊りきることが出来ました。しかし幕が下り、舞台袖に戻ったところで一気に激痛が起こりしばらく動けず倒れてしまいました。家族やチームメイトも心配して大変でしたが、数時間後、宿舎に戻って安静に過ごし睡眠も取れたせいか、激しい痛みは徐々におさまり、無事に大会を終えて帰ることが出来ました。」

高校三年生最後の大会、団体の演技で自分の役目を果たせたことが何よりだった。ケガの治療は地元に帰って継続することになり、治療を終了した。

◆終わりに

今回は治療というよりは応急処置に過ぎず、テーピングによりある程度は痛みが軽減されたが、原則は安静加療が必要です。
それを承知いただいた上で、リスク管理が出来る状況だと判断し処置を施しました。

舞台本番で、最後まで踊ったあとに激しい痛みが出たことについては、朝鮮舞踊は腕を上げたり体を反らしたりする動きが多く、また集団で動き回るため最後は息も上がるので、再び炎症が広がった為と思われました。
肋骨骨折に併発する気胸や血胸(肋膜に空気や血がたまり肺を圧迫して酸素摂取量が減る)を心配したが、そこまで至らず幸いでした。

肋骨の損傷は色んなケースがあり、損傷の程度を見極めて適切な患者指導が出来るかが重要です。
もっとも注意することは、負傷後2週間ぐらいで痛みが治まっても、完治しておらず再負傷するケースです。
肋骨部は完全に固定することが出来ないので、最低でも4週間は無理をせず安静にしなければなりません。

症例で多いのは、コンタクトスポーツ(ラグビーや空手など)での負傷がもっとも多いようです。
日常では、咳が続いて骨折するケース、風呂の浴槽を洗う際に負傷するケース、ゴルフのスイング中に負傷するケースなど様々な原因で負傷されます。

肋骨骨折は軽度であれば、テーピング固定などで自然治癒しますが、重度になれば呼吸にまで影響することもあるので、胸を打って痛みが続くようなら医療機関を受診することをお勧めします。

**********************************************************************
大阪市城東区蒲生四丁目駅から徒歩30秒の「こう整骨院」
体の不調、肩こり、腰痛等、どうしても治らない痛みの改善。
京橋駅から1駅ですので、会社帰りのサラリーマン、OLの
方に人気の整骨院です。

◆Webサイト:http://kou-seikotsuin.com/
◆電話でのお問い合わせ:0120-089-112
◆営業時間:平日10:00~13:00・16:00~20:30
 ※水曜は午前のみ、土曜の午後は14:00~18:00
◆定休日:水曜午後・日曜・祝日
◆住所:〒536-0004 大阪府大阪市城東区今福西3-1-7
 →アクセスはこちら
◆駐車場:無料駐車場が2台分ございます
**********************************************************************

▼役に立ったと思ったら、シェアしていただけますと嬉しいです

Pocket

首の捻挫(むち打ち症):40代女性 主婦

ママさんバレーの試合中に、相手のアタックをレシーブする際、顔にボールが直撃。
その日は顔の痛さだけだったが、三日後から急に首が動かせなくなる。
整形外科を受診したところ、むち打ち症の診断を受ける。
しばらく様子を見るしかないと言われたが、あまりの痛さに耐えることが出来ず当院に来られた。

◆初診時の様子

首の痛みをかばいながら、ようやく整骨院にたどり着く。
首の動きを確認したが、どの方向にも動かせない状態であった。
手で頭を支えながら何とかベッドに寝ることは出来たが、再び起き上がる際も耐え難い痛みがあり、上向きに寝た状態で治療を開始しすることになった。

◆院長の所見

頸椎から上位胸椎まで過緊張があり、可動域制限と運動痛が激しい状態。
レシーブする姿勢を考えた際、やや上方に向いたところにきついアタックをまともに顔面に受け、後方にのけぞったものの転倒はせず、上位胸椎に強い応力がかかったと推測され、深部にある脊柱起立筋を損傷したものと考えた。

◆治療

①上向きの姿勢に寝てもらい、手技治療で浅部筋層から治療し過緊張を和らげる。
②頭頂部から頸椎、胸椎まで圧をかけながら軸を整える。
③うつ伏せに寝てもらい、中間層にある脊柱起立筋を治療する。
④座位にて自動運動を確認し、手技にて他動的に可動域制限を改善する。
治療は段階的に行った。
初回と2回目の施術では①の治療で改善の度合いを見ながら、徐々に②~④の施術を行った。
通院3日目から可動域制限が5割程改善し、7日目からは起床時の動作による疼痛も和らぐ。
10日目には可動域制限が7割程改善し、日常生活での痛みはかなり軽減された。
治療開始から14日間の経過で、起床時の疼痛は消失し、可動域制限もほとんど無くなり、バレーボールの練習に参加することを許可した。

◆終わりに

今回のケースは、ボールが来るとわかっていても避けきれずに、とっさに首に力を入れたところに、それ以上の強い力でボールが顔面に直撃し、その応力によって頚椎から胸椎まで損傷したと推測した。

一般的に、むち打ち症といえば交通事故によるケガで起こることが多い。
追突されたり、横から当てられたりした際に、当たるとわからず無防備な姿勢で負傷して場合には、上位頚椎や肩関節、腰部を損傷しやすい。
またその症状も様々である。

スポーツや交通事故などで起こるケガは、どのように発生したのか、その状況を解析することが大切であり、その上で適切な判断をして治療することで早期回復につながると思われる。

**********************************************************************
大阪市城東区蒲生四丁目駅から徒歩30秒の「こう整骨院」
体の不調、肩こり、腰痛等、どうしても治らない痛みの改善。
京橋駅から1駅ですので、会社帰りのサラリーマン、OLの
方に人気の整骨院です。

◆Webサイト:http://kou-seikotsuin.com/
◆電話でのお問い合わせ:0120-089-112
◆営業時間:平日10:00~13:00・16:00~20:30
 ※水曜は午前のみ、土曜の午後は14:00~18:00
◆定休日:水曜午後・日曜・祝日
◆住所:〒536-0004 大阪府大阪市城東区今福西3-1-7
 →アクセスはこちら
◆駐車場:無料駐車場が2台分ございます
**********************************************************************

▼役に立ったと思ったら、シェアしていただけますと嬉しいです

Pocket

膝の痛み:60代男性 自営業

ゴルフプレー中に膝の調子が悪いと相談を受ける。
2~3ヶ月前から膝に痛みがあり、病院で水を抜いたりしながらゴルフは続けているが、なかなか治らず困っているとのこと。
プレー後に膝を見せてもらうと、関節に水が溜まり曲げ伸ばしが出来ない状態であった。
ゴルフは休みたくないとのことだったので、整骨院での治療を試してみてはと当院をご紹介して、翌日来院される。

◆初診時の様子

左膝関節に屈伸時の痛みと可動域制限があり、歩行の際は膝を伸ばすことができず、軽く曲げて荷重することで痛みを避けていた。
膝関節の内側と膝蓋骨周囲に圧痛があり、関節内に水腫(関節内に水が溜まった状態)がみられた。
大腿部、下腿部、股関節、骨盤、腰背部にも過緊張があり、膝の痛みを避ける動きをしていた。
日常生活にも支障がある状態で無理をしてゴルフをした結果、関節の炎症が悪化し自然治癒が困難になった。

◆治療

基本はアイシングや包帯固定、テーピングなどを施し、安静を保つことが第一と思われた。
しかしながら患者さんはゴルフをしながら治したいと希望されたので、私の治療内容を理解していただいた上で、ゴルフを休まずに通院することになった。
まずは日常生活やゴルフでの動作を解析し、改善出来るところを見つけ、なるべく負担の少ない動作を指導。
治療は週に一回は必ず来てもらった。

マイオセラピーで大腿部筋群の過緊張を和らげ、ストレッチで股関節の柔軟性を回復させた。
同時に体幹や肩甲骨周辺の可動域とバランスを調整。
膝関節周囲のテーピングを施し、持続的に圧を調整。
テーピングの効果が徐々に現れ、水腫は2~3週間で自然に吸収され、歩様は改善された。
ただ、治療中もゴルフに行く回数が多くなった時は再度炎症が起こることから、3ヶ月程は同じ治療内容を根気よく続けた。

そして治療開始から4カ月後には、膝関節の屈伸痛と可動域制限が軽減し、筋力も8割以上回復した。
膝関節内側の圧痛は若干残るが、プレーに支障はなくなった。

治療開始から現在まで約6カ月になるが、週に2~3回のペースでゴルフが可能となり、プレー中の痛みは消失した。
再発予防と経過を観察するために2週間に一回は来院を継続している。

◆終わりに

男女共に、膝関節の痛みで来院される方は50〜70代の年齢層に多く見られます。
傷める原因は外傷(靭帯損傷や半月板損傷など)を除き、殆どは日常生活動作で起こり、始めは我慢しながらいずれ治ると思ってそのまま放置し、ひどくなってから慌てて医療機関を受診するケースが多いようです。

膝痛を起こす原因としては、
・過去に腰や首を傷めて姿勢が悪くなった
・産後に骨盤が不安定のまま固まった
・座り仕事が多く歩く量が少ない
などがあり、気付かない間に骨盤や脊柱の動きが悪くなり、次第に股関節の柔軟性がなくなり、結果として膝に繰り返し過度の捻れが発生して起こると考えられます。

関節周囲の軟部組織(関節包や軟骨、筋、腱など)は炎症が続くと次第に変形し、炎症を繰り返すと可動域が制限され、筋力が低下し歩行に支障が出ます。
今回のケースは比較的初期の段階で治療に取り組めたので、関節の変形までには至らず、順調に回復しました。

ゴルフをしていなければ、治療開始が遅れていたかもしれないので、結果としてゴルフをしていて良かったと思います。
膝痛は長期化すると変形が酷くなり、最後には人工関節置換術も余儀なくされるので、痛みを我慢せず早めに医療機関を受診し、適切な治療を受けることをおすすめします。

**********************************************************************
大阪市城東区蒲生四丁目駅から徒歩30秒の「こう整骨院」
体の不調、肩こり、腰痛等、どうしても治らない痛みの改善。
京橋駅から1駅ですので、会社帰りのサラリーマン、OLの
方に人気の整骨院です。

◆Webサイト:http://kou-seikotsuin.com/
◆電話でのお問い合わせ:0120-089-112
◆営業時間:平日10:00~13:00・16:00~20:30
 ※水曜は午前のみ、土曜の午後は14:00~18:00
◆定休日:水曜午後・日曜・祝日
◆住所:〒536-0004 大阪府大阪市城東区今福西3-1-7
 →アクセスはこちら
◆駐車場:無料駐車場が2台分ございます
**********************************************************************

▼役に立ったと思ったら、シェアしていただけますと嬉しいです

Pocket

急性腰痛(ぎっくり腰):40代男性 建築作業員

◆初診時の様子

早朝からいつも通り現場に向かい作業に取り掛かろうと準備中、腰に激痛が走りその場で倒れこむ。
そのまま現場監督に抱えられて何とか整骨院まで来院。
一人では立って歩くことができず、待合室の椅子に座ることも難しく、とりあえず治療ベッドに寝てもらった。
過去にも同様の症状を経験したそうだが、今回は腰に負荷をかけた覚えもなく、思い当たる原因が分からないとのことであった。

◆院長の所見

椎間関節の連続性が断たれ、腰椎に強烈な筋緊張を起こし、損傷部を保持するために強縮していると思われた。
そのため、横向きに寝た体勢から少しでも動くと激痛が起こり、安静にする以外に施しようのない状態であった。
日頃から肉体労働による不良動作で筋疲労を蓄積し、関節の歪みを起こしていたと推測されたので、激痛が落ち着くまで6~8時間は要すると判断した。

◆治療

まずは安静になれる態勢になることからスタート。
右を向いて横向きに「エビ姿勢」になると少し筋緊張がゆるみ、呼吸を浅くしながら動かなければ激痛は治まった。

ただし、少しでも動くと患部に強縮と激痛が発生。
アイシングを30分×2回行う。
同じ姿勢で過ごすにも2時間が限界で、寝返りを誘導しながら左向きに寝てもらう。
このとき、隣のベッドを横づけして転がるように寝返りできるように幅を確保する。
あとは何もせず、そのまま寝て過ごしてもらった。

7時間経過した頃に痛みが落ち着き、ベッドから降りられるよう誘導し、座位から立位へと変えながら、歩行可能となったところで治療を終了。

◆終わりに

現場作業復帰まで経過を見ながら治療を継続したかったが、諸事情により一回の来院で終了となりました。

急性腰痛、いわゆる「ぎっくり腰」はいきなりグキッという衝撃が起こり、激痛に襲われます。
原因は様々ですが、肉体労働や運動不足、睡眠不足などで慢性的な筋疲労を抱えたまま日常生活を送るなか、限界を超えたところで起こったのではないかと思われます。

また原因の一つとして骨格の歪みや柔軟性の消失もあるでしょう。
過度のストレスにより無意識に脳がブレーキをかけ、体を守るサインを出したとも考えられます。

何よりも体が資本です。
つらい状況を乗り越え、また安心して体を動かせるように願っております。

**********************************************************************
大阪市城東区蒲生四丁目駅から徒歩30秒の「こう整骨院」
体の不調、肩こり、腰痛等、どうしても治らない痛みの改善。
京橋駅から1駅ですので、会社帰りのサラリーマン、OLの
方に人気の整骨院です。

◆Webサイト:http://kou-seikotsuin.com/
◆電話でのお問い合わせ:0120-089-112
◆営業時間:平日10:00~13:00・16:00~20:30
 ※水曜は午前のみ、土曜の午後は14:00~18:00
◆定休日:水曜午後・日曜・祝日
◆住所:〒536-0004 大阪府大阪市城東区今福西3-1-7
 →アクセスはこちら
◆駐車場:無料駐車場が2台分ございます
**********************************************************************

▼役に立ったと思ったら、シェアしていただけますと嬉しいです

Pocket

足の痛み(足関節捻挫):30代男性 会社員

◆患者さんの訴え

週末にバレーボールの練習に参加。
翌日から足の甲に痛みが出て、月曜日になっても治らず来院される。あしを地面に着くと痛みがあり歩行困難になる。
プレー中は特に痛むこともなかった。

バレーボールは学生時代から続けているが、最近は仕事もあり、週に一度の練習程度で、今回はひと月ぶりにプレー。

明らかな原因はわからないとのこと。

思い当たることとして、アタッカーなので、ジャンプ後の着地動作で繰り返し足に負荷をかけたことで、関節を痛めたかもしれないとのこと。

営業マンとして歩き回る仕事なので痛くて困っている。 何とか歩けるようにしてほしい。

◆院長の診察で

明らかな腫れは無いが、足の甲を触れると痛みがある。 関節の動きが硬くなっていて足底アーチが使えず、歩行に支障がみられた。 繰り返しジャンプをしたこと、特に左足で踏切りと着地を繰り返したことで足関節捻挫を起こしたと思われた。

◆治療

まずは痛みで硬くなった足関節周囲を柔らかくマッサージ。 そして足につながる筋肉や骨盤の動きを治療。
次に足底アーチの動きを整え、最後にテーピングで軽くサポート。

治療後、足をついて踏み込んだ際、素足ではまだ少し痛みは残ったが、靴を履くと痛み無く歩行可能となった。

一週間後に二回目の診察。

日常生活にはほぼ支障ない程度に回復していた。
関節の動きも改善して炎症も無くなっていたので、軽い運動から始めてもらうように指示して治療を終了。

◆終わりに

今回は負傷後3日間経過しても治らず、自然治癒が難しいケースでしたが、筋力低下や関節の拘縮はみられず、比較的早く回復されました。
スポーツでのケガではプレー中には気が付かず、しばらく経ってから痛みが出ることもあり、皆さん対処法が判らず慌てて来院されます。
軽く痛めただけでも、損傷が周りに広がり、徐々に症状が出ることもあります。
日ごろの疲れや運動不足、準備運動が足りずにいきなりプレーに参加するなども原因のひとつと考えられます。
捻挫や肉離れ、打撲など、痛め方次第では思いのほか長引くことがあります。

スポーツ以外の日常生活でも、体のバランスや姿勢が悪くなり、特に骨盤や背骨のゆがみが起こります。
痛みの原因がよくわからない、
単なる肩こりや腰痛とは違う感じがする、
足や膝が急に痛くなってあるけない、など
気づかない間に様々な症状が発生します。

当院では、問診を丁寧に行ないながら、症状を観察して、どのように痛めたのか考えます。痛みや不調があればいつでもご相談ください。

**********************************************************************
大阪市城東区蒲生四丁目駅から徒歩30秒の「こう整骨院」
体の不調、肩こり、腰痛等、どうしても治らない痛みの改善。
京橋駅から1駅ですので、会社帰りのサラリーマン、OLの
方に人気の整骨院です。

◆Webサイト:http://kou-seikotsuin.com/
◆電話でのお問い合わせ:0120-089-112
◆営業時間:平日10:00~13:00・16:00~20:30
 ※水曜は午前のみ、土曜の午後は14:00~18:00
◆定休日:水曜午後・日曜・祝日
◆住所:〒536-0004 大阪府大阪市城東区今福西3-1-7
 →アクセスはこちら
◆駐車場:無料駐車場が2台分ございます
**********************************************************************

▼役に立ったと思ったら、シェアしていただけますと嬉しいです

Pocket